2017年07月16日

羊毛フェルトで初お友達シェル作成


まだレオもまともに作られなくて
教室に通って一生懸命教わっているTONTONですが
無謀にもお友達シェルちゃんを作成

それは今年の3月に亡くなったレオのお友達シェル
可愛いモモちゃんです
亡くなった時他のお友達はお花を贈ったりされて
でも、私はとっさに私で良ければ羊毛フェルトの
モモちゃん作るから少しモモちゃんの毛を
残しておいてねって伝えました

その後はひたすらモモ母さんから連絡が来るのを
待っていました。
気持ちの整理がつくまで何か月でも何年でも
待っているつもりでした

一か月以上経ったころだったでしょうか
いつものお友達とランチをしましょうと
連絡がありその時に取っておいたモモちゃんの
毛を少しいただいて帰りました

大切な大切なモモちゃんの毛を預かって
改めて大変な事を言ったもんだと…

まぁーどうにもならなかったら羊毛フェルトの
先生に助けてもらおうと思って
モモちゃんの写真も少しPCに送ってもらいました

私が一番参考にした写真がこのモモちゃん

18718124_645554705650193_1770251951_n.jpg






そして出来たモモちゃんのお顔

IMG_7710.JPG






お目目がまん丸で美人さん

IMG_7717.JPG







そして可愛い笑顔にしました

IMG_7708.JPG







身体の毛の色では一番参考にした写真がこれ

18741178_645554695650194_744382892_n.jpg




首周りの白い毛の下に濃い毛色と
前足の横まで伸びた濃い毛色

IMG_7720.JPG

尻尾の上あたりとお尻の所に濃い毛色

IMG_7715.JPG





真後ろからの写真も参考にして後姿

IMG_7713.JPG

先生に助けを求めなくても何とか完成しました

預かった薄い毛色はお腹の内側に
背中の明るい茶色は背中に置いてその上から
羊毛フェルトを植毛して行きました

実際の毛は羊毛とは違うので表に出すのは
ちょっと無理でした
ただ前足の横に伸びた濃い毛色の所だけ
両方ともにちょっと見える所に実際のモモちゃんの
毛を植毛できるように工夫してみました

モモ母さんにその毛を見せて説明をしたら
とても嬉しそうでした
やっぱり実際の毛が見えた方が親近感が違いますよね

実際のモモちゃんの毛は羊毛フェルトの色を
決めるときにとても参考になりました
半分ぐらいは使わなかったので
残りは作品と一緒にお返ししました

まだまだ新米でレオの作品も思うように出来ないので
今後は他のシェルちゃんは引き受けない様に
しようと強く強く思いました(^_^;)

次回はモモ母さんへ引き渡した時の報告です




シェルティの犬ブログ村ランキングに参加しています。
↓こちらをクリックして下さい
にほんブログ村 犬ブログ
 
シェルティーへ
にほんブログ村


 

posted by レオトントン at 20:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: