2018年09月01日

羊毛フェルトのレオ途中経過



今までずっとレオの羊毛フェルトを
作って紹介してきました
ブローチの顔だけのレオから始まり
伏せ、お座り、立ち姿、座ってお手
背伸びのポーズ、ヘソ天寝姿

今回は初めから詳しく紹介しようと
思います

TONTONが習っている先生の方法は
いつも手芸綿を丸く固めた所から…

IMG_7506.JPG

この綿の丸太の長さや太さで
作品の大きさが大体決まります





今回の作品のレオの体系は
くつろいでいるこんな感じです

40482544_965526993656090_2114968546546024448_n.jpg








綿を丸めて羊毛針でチクチク固めた後
ハサミで片方だけまず半分に途中まで切り
下の半分をまたハサミで半分に切ります

IMG_7508.JPG





次にÅの部分を上に持ち上げ
綿を引っ張り出したりしながら
ある程度の顔の形を作り


40458244_965526943656095_6708337774996488192_n.jpg

BとCは前足になるのでこれも綿を
引っ張りだして前足の様にします
後ろ足と尻尾も丸太の綿から
引っ張りだしてある程度
形にしておきます





次の教室では

フワフワでそれなりの形だったのを
羊毛針でチクチク固め
綿をつぎ足しながら形をしっかり
作っていきます

40617168_965526966989426_593004034319712256_n.jpg




3回目の教室では

体系や表情を完成させました

今回はあくびをしたレオです

40448934_965527023656087_8977008666897022976_n.jpg

目は位置だけ決めてこれから
目の表情は作っていきます





完成した体系の裏側

40446764_965527046989418_3134118029089046528_n.jpg

シェルティの場合、植毛していく為
筋肉などあまり丁寧に作り上げても
隠れて見えなくなるので詳細には
作りあげてないです
特にお尻の筋肉は細くしています
植毛で膨れ上がる事を計算して…







4回目の教室では

今回初めてのあくびに挑戦!

レオの鼻と口を作りました

40502827_965527106989412_640094227551748096_n.jpg



あまりに細かい作業で四苦八苦(-_-;)

40452045_965527136989409_8122355882034987008_n.jpg

正面から全体を撮影すると
目がそのままなので笑顔に見えますが
次回顔全体が完成したら
多分、あくび顔になると思います(-_-;)

今までやってきた肉球や植毛など
出来る事は自宅でやって
これからはTONTON次第で完成時期が
決まってきそうです

また完成したらこの先の経過報告と共に
報告をしたいと思います




シェルティの犬ブログ村ランキングに参加しています。
↓こちらをクリックして下さい
にほんブログ村 犬ブログ
 
シェルティーへ
にほんブログ村


posted by レオトントン at 21:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: